トップ / 印刷物の仕上がりサイズ

印刷物の仕上がりサイズ

印刷の断裁とはなにか

印刷で重要な裁ち落とし

印刷物を作成する際には、仕上がりサイズよりも天地左右を3mm程度大きく作っておいて、その部分を断裁する裁ち落としが重要です。機械による断裁と言っても、大量に紙を重ねて一気に切る状況では多少のズレが出てくるため、仕上がり位置まで色や絵柄があるデザインの場合、ズレた部分に白い隙間が出てしまいます。このような事態を防ぐために、予め裁ち落とし領域にデザインを入れておくことで断裁のズレに対応します。また、文字や図形を配置する印刷の場合は、断裁のズレによってデザインが欠けてしまう可能性もあるので、仕上がり線より3mm程度内側に配置します。

裁ち落としを付けて綺麗に

一般に市販されているプリンタで端までプリントを行うのはなかなかに難しいです。プリンタの機能上どうしても端に余白が残ってしまい、綺麗な仕上がりにならないことが多いです。一方、商業印刷では元データを数ミリ程度大きめに作り、不要部分を完成時に断裁することで、綺麗に端まで達するような仕上がりを得ています。この、数ミリ程度大きく作る部分のことを裁ち落としと呼びます。この部分は完成時には切り落とされてしまうため、切れて困るような重要な絵や文字を入れることはできません。が、裁ち落としを付けておくと、出力時にわずかなずれが発生しても、余白が見えない綺麗な印刷になります。データ作成時には忘れずに付けておくようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 印刷ソフトをインストール. All rights reserved.